面接の課題

オフィス

日程の調整

通常の対面面接であれば、日程を調整するのが難しくなってしまいます。応募者を面接会場に集めなければならないからです。遠方に住んでいる応募者などは、特に日程を調整しづらいでしょう。スケジュール管理に余計な手間がかかってしまうのです。

実施率の低さ

面接の実施率を課題に挙げる人もいるでしょう。基本的に対面での面接の場合、一度に多くの応募者に対応するのが難しくなります。そのため、面接の実施率がなかなか上がらないのです。より多くの応募者と面接したい人にとっては、大きな課題となります。

書類選考

書類選考を行ってから面接を実施することも多いでしょう。しかし、この時課題となるのが、書類選考の時点で優秀な人材を落としてしまうことです。実際に面接を行わないと分からないこともあるでしょう。書類選考に不安を持っている人もいるのです。

評価の基準

面接官によって、評価の基準が分かれてしまうことが課題だと思っている人もいます。評価の基準がバラバラになってしまうと、優秀な人材を採用することが難しくなるでしょう。また、評価基準が定まっていないと、採用者の離職率も高くなるのです。

ビデオ面接などのサービスを活用すれば仕事が楽しくなる

面接

様々な問題を解決

ビデオ面接のサービスを導入することによって、様々な問題を解決することができます。面接のスケジュール管理が楽に行えるのです。また、ウェブで面接できるので、実施率も高まります。さらに、面接の実施率が高くなれば、書類選考で優秀な人材を落とすこともなくなるでしょう。面接後は、評価シートなどを共有することによって、評価基準も均質化できます。ビデオ面接を活用して問題を解決すれば、業務の効率化に繋がるのです。

男の人と女の人

業務に活かせるサービス

業務環境を改善できるサービスは、ビデオ面接だけではありません。タレントマネジメントやモチベーションクラウドなどのサービスも利用することができるのです。タレントマネジメントサービスだと、人財のマネジメントに関するプロセスの統合管理が実現可能となります。モチベーションクラウドであれば、組織の現状把握から組織改善まで行えるのです。仕事をもっと楽にこなしたいと思っている人は、このようなサービスを活用してみましょう。

[PR]
ビデオ面接を活用
費用の削減につながる!

ビデオ面接の口コミ情報

面接

管理が楽【男性】

ビデオ面接を導入してから、スケジュールの管理がとても楽になりました。余計な仕事をしなくてすむので、助かっています。遠方の応募者のスケジュールも管理しやすいのが良いですね。

面接しやすい【女性】

ビデオ面接だと、大きな会場を用意しなくて良いのが便利ですね。面接会場の設営に必要な手間とコストが削減できて、面接の実施率も向上しました。

デモ画面を確認

デモ画面が見られるのもビデオ面接の良い所です。導入を検討している場合は、ビデオ面接のサービスを提供している会社に連絡して、デモ画面のアカウントをもらってみましょう。

[PR]
会計システムを有効活用
機能満載のシステムで業務を活性化

事例も見ておこう

ビデオ面接などのサービスに興味のある人は、導入事例なども確認しておくと良いでしょう。実際に、どのような効果が期待できるのか、分かるようになります。

[PR]
タレントマネジメントについて掲載中!
不明点はメールで連絡☆

[PR]
グループウェアを業務で使おう
情報共有にかかる時間を短縮☆

[PR]
秘書代行を利用しよう!
プランが充実なのが嬉しい♪

グループチャットを職場に導入★

広告募集中